MENU

夜勤はできるだけしたく無い人にはクリニック求人が人気の理由

 

東京クリニック2
看護師の職場では病院、老人介護施設など夜勤が必須となる職場も多いです。患者や入居者の方の体調の急変に備えて、24時間体制でケアをする必要がある仕事です。勤務時間や勤務曜日などそれこそ、患者ありきの勤務スタイルになります。そのため、結婚や出産などのライフスタイルの変化をきっかけに看護師として夜勤も含まれる勤務形態が難しいと感じる看護師の方もいます。

 

例えば、子供が小さい看護師の方は、慢性的に人員不足の職場では、急な休みも申請しにくかったり、日中は保育園などの託児施設に子供を預けることができても、夜間は子供の世話をしてくれる人や場所がないため、どうしても自分で育児を行わなければならないので、病院や介護施設での夜勤勤務自体が難しいのが現状であります。

 

その他の理由としては、夜勤勤務自体が本人の体調にあっていない場合や、病院での日勤・夜勤のハードな勤務の繰り返しにより、体の調子を崩してしまうこともあり、日勤勤務だけの職場を求められる傾向があります。
そういった看護師の方たちからは、日勤帯だけの勤務ができる職場が望まれています。その中で最も多くの看護師から選ばれているのがクリニックでの仕事になります。
クリニックは基本的には日中の時間帯での受付のところがほとんどであり、働く時間帯も日勤帯のみというケースが多いからです。また、日曜や祝日は休診日をとっているクリニックも多いので、家庭との両立もしやすいというのがあります。
職場にもよりますが、急な子供の事情などを面接時にも伝えておいた上で採用いただけた場合には、その事情も考慮してくれるクリニックもあるため、就職後にもある程度は事情を理解してもらえているという精神的安心感もある中で勤務できるようになります。

 

また、夜間の時間帯での勤務がないという理由以外にも病院や介護施設などと比べると急患のような突発的な残業もあまりありません。子供の送り迎えをしている看護師の人にとっては、残業が少なく決まった時間に業務が終わるということは非常に仕事と育児の両立をしやすい環境といえます。
その他にも日曜や祝日が休診日をとっているクリニックも多いので、家族との時間の共有も図りやすいというのが人気の理由の一つでもあります。
以上の理由から、結婚して家事を主体に考えている方や、育児優先とならざるを得ないような看護師の方達から、時間や曜日などがニーズに合っているため、クリニックでの求人は非常に高い人気をほこっております。